消費者金融 ネット申込み窓ロ

消費者金融 ネット申込み窓ロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロミス

 

 

 

スマホ・webで24時間申込可能

 

 

来店不要・最短即日融資

 

 

 

 

 

プロミス 詳細はこちら

モビット

 

スマホで24時間キャッシング

 

 

申込から借入までweb完結

 

 

 

 

 

モビット 詳細はこちら

アイフル

 

 

 

スマホで24時間キャッシング

 

 

申込から借入までweb完結

 

 

 

 

アイフル 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロミス

プロミスとは、SMBCコンシューマー・ファイナンス株式会社が運営している消費者金融会社です。プロミスではキャッシングに加えて、貸金業法に基づくおまとめローン、自営者カードローン、目的ローンの4つの商品が展開されています。メイン商品であるフリーキャッシングは、18?69歳までの安定した収入がある方が対象です。会社員はもちろんのこと、アルバイトやパートの方でも利用できる可能性があります。

 

プロミスはサービス内容が豊富なのが特徴です。プロミスの審査は最短即日融資が可能となっています。即日融資を利用したい場合は、Web・アプリや自動契約機で申し込むのがおすすめです。ただし、審査内容や時期によっては時間がかかる場合があるので注意してください。30日間無利息で利用できるサービスもあります。プロミスで初回契約した方に限り、借入日の翌日から30日間までなら無利息でキャッシングを利用できるのです。

 

わずか10秒後に指定の口座へお金が振り込まれる瞬フリというサービスも展開されています。Webの会員ページから振込依頼すると、24時間365日いつでも最短30秒で希望金額を振り込んでくれる便利なサービスです。利用できる金融機関が決まっているものの、全国約200の金融機関で手続きできるので問題ないでしょう。なお、手続きした時間帯によっては、翌日振込になるケースもあるので注意が必要です。貯めるとお得なポイントサービスも用意されています。ポイントを貯めると、提携ATM手数料が無料になったり、ポイント数に応じて一定期間無利息になるサービスを受けられます。

 

プロミスを利用する際は、Web・アプリ、来店または電話という3つの申込方法があります。手続きの際は、運転免許証や健康保険証、パスポート、マイナンバーカード、在留カードなどの本人確認書類が必要です。Web・アプリを利用する場合は、まず申込フォームに氏名や住所、借入希望額などを記入してください。次に運転免許証などで本人確認が行われます。申込後に届いたメール内のURLにアクセスし、申込時に入力したパスワードを使ってログインします。

 

アプリを使って、顔と運転免許証の写真を撮って提出しましょう。プロミス側から依頼があれば、収入証明書類の提出が必要になる場合もあります。キャッシングの審査結果はメールまたは電話で届きます。Web上で契約手続きが完了すれば、すぐに借入が可能になります。なお、審査が完了した後に店舗に来店して、カードを発行してもらってから借入することも可能です。

 

 

 

 

 

 

プロミス 詳細はこちら

 

 

 

 

プロミスレディース 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

モビット

モビットの正式名称はSMBCモビットと言い、運営会社はSMBC(三井住友銀行)グループの株式会社SMBCモビットです。カードローンのキャッシングサービスを展開しています。最短即日融資が可能なので、急ぎのお金が必要になったときに便利です。SMBCグループであるのに加え、健康経営優良法人2022(大規模法人部門)にも認定されているので安心してお金を借りることができます。全国の提携ATMやローソン銀行ATMで24時間対応しており、時間を気にせず申込・借入・返済が可能です。返済すると利息分200円に対して1ポイントのTポイントが付与され、返済にも1ポイント1円としてTポイントが利用できるのもモビットの特徴です。会員専用のネットサービス「Myモビ」を利用すると、利用状況の照会や借入・返済の相談などができます。

 

住友銀行か三菱UFJ銀行、みずほ銀行またはゆうちょ銀行に口座がある人と、社会保険証か組合保険証のある人は手続きがweb申込で完結します。ネットで口座に入金され銀行のカードで出金ができるので最短即日融資が可能ですが、入金のタイミングは金融機関によって異なります。本人確認の電話や、契約書類の郵送などはありません。カード申込をした場合は、モビットカードは、ゆうパックで指定のコンビニなどに届きます。最寄りのローン契約機でも受け取れます。モビットアプリをスマホにインストールすれば、モビットカードなしで24時間取り引きが可能です。セブン銀行・ローソン銀行のATMもカードなしで利用できます。

 

モビットを利用するには、まずWebの簡易審査を受けましょう。必要事項を入力すると、審査結果が10秒で表示されます。本審査の結果はメールか電話で、最短30分で確認できます。そのままネットか電話で契約でき、契約後は提携ATMか振り込み融資を利用できます。もっとスピードアップしたい場合はネット申込後にコールセンターに電話すると、すぐに審査が始まり手続き完了後最短3分で口座にお金が振り込まれます。借り入れの申込資格は20歳から69歳の安定した定期収入のある人で、アルバイトや派遣社員、自営業でも可能です。運転免許証か、健康保険証などの書類が必要です。入会金や年会費はかかりません。

 

借入方法は振込キャッシングと、連携ATMでのキャッシングがあります。返済は口座振替・提携ATM・インターネット返済などが選べます。金利は実質年率3%から18%です。利息は日割り計算になります。たとえば、10万円を18%の金利で30日間借りたときの利息は1,479円になります。

 

 

 

 

 

モビット 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

アイフル

アイフルとは、カードローン、キャッシングローンのほか、事業サポートを請け負っている消費者金融です。正式名称は「アイフル株式会社」です。アイフルは1967年に創業、1978年に設立されました。1978年当時の社名は「株式会社丸高」であり、1982年からアイフル株式会社を名乗り始めます。2020〜2021年の消費者金融の営業収益ランキングでは、アコム、三井住友FGに次いで、3位となりました。テレビCMやWeb広告も有名であり、日本でもっとも有名な消費者金融のひとつだといえます。20〜69歳で安定した収入のある人なら、誰でも申込可能です。

 

アイフルのサービスの特徴は、「最短即日融資」です。Web申込なら、審査は最短25分で完了し即日融資を受けられます。さらに、初めての利用なら30日間は利息0円です。融資を受けても、30日以内に完済すれば利息が発生しません。そのほか、振り込み手続きには、24時間365日対応がなされます。土日祝日も関係がないので、すぐにでもお金が必要な人には向いているサービスだといえるでしょう。ただし、指定の金融機関の受付時間外なら、翌営業日以降に振り込みは持ち越しとなります。

 

アイフルの申込方法は「Web」「スマホアプリ」「電話」「無人店舗」「専用窓口」の5種類です。このうち、場所を選ばずに申し込めるのは、「Web」「スマホアプリ」「電話」です。Webとスマホアプリでは、入力フォームに基本情報や収入状況を打ち込んで、審査を待ちます。電話でも流れは変わらないものの、自分で入力をするのではなく、オペレーターに情報を伝える仕組みです。

 

無人店舗では、係員と電話でやり取りをしながら、必要事項を入力します。専用窓口でも係員を通して、必須事項を埋めていきます。なお、審査に申込むためには本人確認と収入証明の書類が不可欠です。本人確認書類としてアイフルが認めているのは、運転免許証、個人番号カード(表のみ)、住民基本台帳カード、特別永住者証明書、在留カードなど、顔写真付きのものです。あるいは、公共料金領収書や国税・地方税の領収書、納税証明書が必要になることもあります。そのうえで、源泉徴収票や給料明細などの収入証明書も提出しなくてはなりません。

 

アイフルの審査に通ったら、利用開始となります。審査結果は電話かメールで、申込者の希望に応じて通知されます。自宅や職場への在籍確認は原則的に行われていません。ただ、審査状況によっては電話がかかってくることもあります。契約後の借入方法は振込やアプリ、ATM利用などです。振込やアプリだと、カードがなくても利用可能です。

 

 

 

 

 

 

アイフル 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャッシングコラム

社会人になると支出の金額も回数も格段に増えてきます。

 

 

足りないなというときに恥をかかないよう力になってくれるのがキャッシングです。
予期せぬ支出や生活費が足りなくなってしまっ立ときにキャッシングの便利さを感じるでしょう。

 

 

足りない分だけの利用に留めておいて、金融機関が設定した期間内に全額一括返済すると利息が無料になるところも増えています。友達がいても頼みにくいのが借金です。

 

大人なら1枚はカードは持っておけというのは、こういうことでしょう。

 

 

今月は赤字にならなかったもののギリギリという月の給料日直前に、急な出費が出てしまった時、犯罪に手を染めるワケにもいかず、正当な手段でお金を手に入れるのにはどうしたらいいかと言うと、お手もちのカードをチェックしてみてちょうだい。

 

キャッシングが出来るものがあるはずです。大抵の場合、ネットで登録が出来ますので、思い立った時に限度額以内ならば、比較的簡単に貸してくれるようで、それを知っているだけでも安心感がちがいます。

 

 

 

ただし、お金のやり取りをする以上、何らかの審査が必要になってくることは当たり前のことですよね。そこのところを理解していなければ、何社はしごしようとお金は貸してもらえません。

 

給料だけでは足らず、必要があるたびにあちこちから借りたお金が積み重なってきていたり、あちこち借りすぎて借金の概要が把握し切れず、返済できない負債が多数発生しているような場合など収入が借入金を下回るなど、きちんと月々の返済が出来る状態でないことがわかってしまったりすると、常識的に考えてどんな審査も通るはずがないので、安易な借り入れをそれ以上せずに済むよう、計画的な利用を心がけたいものです。

 

初めて作ったクレジットカード(商品などの購入代金を後払いにできるシステムです)のことは、いまでもよくおぼえています。

 

 

新入社員の研修が終わった頃に作ったのが最初の一枚です。

 

使うというより、キャッシュバックキャンペーン(企業などが行う宣伝活動をいいます)が目当てでした。

 

カードは思っていたより早く届きました。親には先に注意されていましたが、クレジットカード(商品などの購入代金を後払いにできるシステムです)にはキャッシング機能がついていて、最高50万(自分の場合は10万に設定)の現金を、本人確認なしに(カード創るとき確認しているので)、借りることができるのに気づきました。

 

役たつときもあるのだろ受けど、なんだかコワイと思ったものです。

 

 

 

今や、カードローンでも即日融資が可能です。実際に、ネットで申込みをした場合は、いくらか時間が経てばすぐにお金を振り込んでくれます。という事は、カード発行を後におこなうワケですが、カードを手に入れたあとでも利用をネットに限っても良い場合が多いため、つまるところ、ほとんどカードレスローンと言っても良いくらいですね。カードローンで絶対に避けなければいけないのは、延滞です。

 

期日までに返せないでいると、そのカードは使えなくなってしまい、ほかのカードも順次利用停止になるでしょう。

 

その後、会社から督促の手紙が自宅へと郵送されてくるはずです。それでも払えない、もしくは払わないでいると、手紙を読む・読まないに関わらず、期限を過ぎれば債権は別会社の手に渡り、ゆくゆくは裁判ということになります。
一括で支払いを命じられて、払うゆとりがありますか?そんな履歴をのこしてしまう前に、期日に間に合わないようなら早めに業者に連絡すると、現実的でより良い解決方法を提案してくれることもあります。改正された貸金業法に基づいて、全ての金融機関のキャッシングの金利が引き下げるようになっています。
それ以前の借り入れがある場合には、過払い金返還請求ができるかもしれません。

 

時効の前に動かなければなりません。もしかしたらと思うなら、完済でも返済をつづけていても可能な限り早めに無料相談などでもいいので、専門家の判断を仰いで、一日でも早く返還手続きを始めましょう。

 

 

 

業者によってカードローンの返済方法にちがいがありますので、整理してみます。銀行系でローンを組んだ場合の返済は多くの場合、口座引き落としになっていると思います。

 

 

ところが、消費者金融あるいは信販会社では、口座引き落とし以外にも、振り込みやATMで返済することが出来ます。どちらにせよ、できるだけ手数料が負担にならないように返済しましょう。それが適切な返済方法だと言えます。少額でもキャッシングを使っている人は今利用しているのがどのくらいの金利なのか、それから、今後、利用する可能性がある会社の金利も意識しておいてちょうだい。

 

金利が低めの会社を見つけることができた場合は、借り換えすることで、月々の支払額を減らすようにしてちょうだい。

 

 

 

キャッシングでは、コンマいくつの差でも実際に年間の返済金額を計算してみると負担の差は結構のものになります。

 

私の御友達は交際相手にも言えないカードローンでいつもお財布の中が苦しいという状態になっていました。贅沢品を買わなくても、御友達との付き合いはハンパなかったですから、あっというまに金欠状態になり、そのあとはごく普通の流れでカードローンを利用し立というワケです。

 

助かった!と思っても、相変わらずの使い方をしていて、借入金の元金を減らすめどがたたず、保険を解約したお金とボーナスでキャッシングした分を全部、一括返済しました。
キャッシングの利便性を追求して複数の金融業者から借り入れを行っていると、期日を忘れそうになったり、思うように元本が減らなくて毎月の返済が負担に感じられることもあるでしょう。

 

 

おまとめローンというのを聞いたことがありませんか。

 

いくつかに分散していていた債務を1社に「まとめ」るので返済も月1回になって便利です。まとめることで手数料は確実に減りますし、いままで払っていたより少ない利息で済んだりと、返済の見込みが立てやすくなると思います。

 

 

うまく使えば非常に便利なのがキャッシングですが、返済が遅れるようなことがあれば資産を差し押さえられてしまう諸刃の剣です。

 

 

一般的に差し押さえられるのは預金口座や給料の場合が多いですが、例えば、給料についての差し押さえは、最大で4分の1の金額までと決まっています。

 

給与は4分の1までなのに対し、年金はもっと問題で、年金が振り込まれる口座が差し押さえられてしまうと、そのまま年金の全額を押さえられてしまうこともあるのです。

 

 

 

そんなことになって慌てないためにも、無理なキャッシングを行なわないように気を付けましょう。キャッシングの申込みはどんどん簡単になり、今ではネットで完結するのが珍しくもないです。

 

ちょっと前まではネットで申し込んでもそれだけでは終わらなかったですから。でもネット申込と言ってたんです。

 

不思議ですね。

 

 

 

いまはよっぽど高額を借り入れるのでなければ本人確認をふくめてキャッシングがウェブだけで完結するようになりました。PCの前に座っているだけで(スマホなら外でも!)安全にお金を借りられるなんて、こういった風潮は利用者にとっては便利で嬉しいことですね。

 

 

まさに隔世の感です。これはカードローンに限定した話ではないのですが、借金をしようとした際に、最も貸す側にとって気がかりになる事というと、借りる人がきちんと返済できるのかどうか、という問題ですよね。
その為に、住宅ローンの審査を受けようと思っても、カードローン利用が原因で、住宅ローンの返済が見込めるか、そのような能力があるのかどうか、といった不安要素が残るため、不利になることはミスないと思います。

 

 

キャッシングを考えるのは本当に困っている時であるため、近くて便利なキャッシング会社を選んで使ってしまうものです。

 

その後、別の会社の利息が低いと、悔やみます。キャッシングを利用する前に金利を試算し、会社ごとに契約内容を比べてから一番いいところをを利用してちょうだい。

 

 

たった今、お金を使いたい時は日付が変わらないうちにお金を借りれるキャッシング業者を見つけ、遅い時間だと審査が終わらないこともあるので、時間帯を考えて申し込向ことをお勧めします。お金を借りるときに、主婦に求められる条件(ないにこしたことはないかもしれませんね)はバイトで定期的に収入があることで、あっという間に審査の結果がわかるようにミスなく申込書に書かなければいけません。それと、パートナーが労働していれば、大抵はお金を貸してもらえるはずです。

 

 

「期日までにどうしてもお金が足りない!」という経験は学徒でも社会人でも、あると思うんです。

 

そんな間の悪い出費をフォローしてくれるのがキャッシングです。さわやかな女性タレントのテレビCMで、利率や会社の特質もわかって、初心者でも安心して借りれるようになりました。困っ立ときに更に苦労しないためにも、すぐに対応してくれるような会社をリストアップしたり、カードだけでも作っておくと、気もちが楽になるのではないでしょうか。

 

キャッシングは周囲に頼むと気後れしがちな借金を、人間関係の不安なしにでき便利ですが、キャッシングをしすぎて返済が長期化すると、予定通りに返済できない(難しい)ときがあったりして、あとで計算してみて、馬鹿だったなあと気づくかもしれません。要するに、上手に使うことが大事なのです。
収支バランスを念頭に置き、その範囲内で堅実に借入・返済をおこなうように気をつけていれば、こんなに便利なものはありません。キャッシングで同じ額を借りると仮定し立ときの年率は、提出書類や所要時間の多寡(多い、少ない)に準じた適用がされていることが多いです。つまり「即日」や「何分で審査」と言っているところは高めで、ある程度審査に時間がかかることを最初から公言しているところでは、金利が低い(総返済額が少ない)といった長所があるのです。一般論なので例外はあるかもしれません。しかしどちらもそれなりに利用者のメリットというのはあるので、上手に使い分ければだいぶトクすることができると思います。条件(ないにこしたことはないかもしれませんね)を比較したホームページなども多いですよ。
現在、カードローンを組んでいます。

 

 

 

それも二つの消費者金融においてです。一社は十万円、もう一社が二十万円で組んでいて、合計二万円を毎月返済中です。

 

 

困った事に、どちらも最大利子での貸付なので、どれだけ返済を進めても、返済額が減る様子がありません。別の消費者金融に借り換えようとしましたが、結局、どの消費者金融でも審査で弾かれてしまい、諦めてしまいました。

 

 

 

そこまで高額の借入では無いのですが、よく分からないままカードローンを利用した為に、頭の痛い問題を抱えてしまいました。

 

便利なキャッシングですが、気軽に利用しても忘れてはならないのが返済期日です。
支払が遅延すると遅延損害金が加算されるため、負担が増えますし、支払いが何度か遅れると、業界の信用情報リストに登録されてしまい、今後の借り入れができなくなってしまうなどのデメリットがあります。

 

借りるときも便利なキャッシングは返すときも便利で、いろんな返済方法・窓口が用意されていますから、余裕を持って返済していくことが大事です。

 

延滞には将来的にもデメリットしかない事を忘れないようにしましょう。

 

 

 

基本的にカードローンやキャッシングといった借入は、一社に限っておいたほうが返済が滞る危険を回避できて良いと言います。

 

 

 

たしかに何社からも借りているとで混乱しそうですが、場合によっては、2社目から借りるほうが都合が良いこともあるのも事実です。

 

立とえば金利です。低利と高利なら低利のほうが支払額は少なくてすみます。
それに融資上限がぜんぜんちがうなんていうこともあります。ユーザーにとって有益なことがあるからです。

 

3社以上の利用は推奨しませんが、2社目を慎重に選ぶことは大事だと思います。

 

融資前の審査は意外とストレスになりますが、審査なしで借りることは不可能だと思ったほウガイいでしょう。まともな会社なら金額に合った審査をした上で無理のない融資を行っています。無審査を謳う会社は法定金利を超えていたり、違法な行為を要求してくる危険性が高いです。審査のハードルが低めの会社を選べば、無審査ではないですが、通りやすいですよ。楽天カードローンは新しいので利用者獲得のために審査がゆるめだといわれているのです。

 

新しくても名前が知れた会社ですし、試してみてはいかがでしょうか。

 

 

キャッシングはそれぞれの会社でいろいろなサービス内容が考えられますので、比較してより魅力的なところを選んでみるのがオススメです。

 

例えば、期間あたりの金利が無料になるというサービスがあります。
借入額が多くなれば痛い出費になることもありますから、キャッシング会社が決められないというときには決め手となるのではないでしょうか。現在、債務整理中なのに、キャッシングなんて果たして可能なのでしょうか?答えを言ってしまうと、これが出来るんです。
要は発覚さえしなければ大丈夫なので、実際、業者としてもキャッシングに応じる場合があるのです。とはいえ、いざそのことが発覚してしまうとそれが理由で免責の許可が下りなくなるなど、色々な問題を抱えているのです。
それに、どうして債務整理などすることになってしまったのか、行動する前によく考えてみてちょうだい。
借金を返済する場合は決まった方法に沿って今後の計画を考え、無理をしないよう気をつけるべきです。

 

すぐに払えない時は当初の利息より負担が大きい俗にいう遅延損害金の支払いが求められるのに加え、信用情報にもデータが残りこれから借り入れが不可能になるので、注意した方が良いです。キャッシング初心者のかたでしたら、カードローンが使い勝手も使えるATMも多いので優秀なので、オススメです。
窓口に行くのは気後れしますが、いまはネット環境さえあれば申込できて、勤務先への在籍確認のTELがイヤならアプリやFAXを使って社員証などを送ればOKだったりしますので、いつでも迅速に手続きできます。

 

キャッシングといっても低額なら、収入証明不要で即日融資可能だったり、使わなくても契約しておけば、役にたつときがあると思います。

 

お金を借りる「カード」というと、カードローンのカードとクレジットカード(商品などの購入代金を後払いにできるシステムです)で話が食いちがうことがしばしばあります。

 

確かにお金を借りるという点では一緒ですが、融資上限額(キャッシング部分)に大きな隔たりがあります。
物品の購入を目的としたクレジットカード(商品などの購入代金を後払いにできるシステムです)は融資の限度額が低く設定されており、カードローンはローン機能のみなので上限値500万円くらいが設定されているのは当たり前です。なかには800万円までなんていうのもありますよ。

 

キャッシングするときは、できるだけ安全な会社から借りたいですね。

 

「大手」も信頼のひとつになるかと思います。銀行系と消費者金融系に分かれていて、銀行系ならモビットやノーローン、老舗消費者金融のアコムやプロミスなどが有名ですし、コマーシャルを見ることも多いですね。
広告費のぶん高い利息なんじゃと思いがちですが、実際のところ真逆で、大手の特質は利率が低いことでしょう。無計画な借入さえしなければ、高い利率より低い利率を選ぶほうが、確実にラクに返済できますし、結果的に延滞の危機も回避出来るはずです。

 

クレヒスはキャッシングを利用するにあたり、とても大事です。

 

 

これは「クレジットヒストリー」を略したもので、自分が過去にキャッシングを利用した履歴のことです。

 

キャッシングを行った後、ちゃんと支払いが完済できればクレヒスが優良になるため、今後は更に有利な条件(ないにこしたことはないかもしれませんね)でキャッシングを利用できるようになります。

 

こうした事情のためクレヒスの管理はおろそかにできないのです。あなたの信用を損ねる「延滞」にだけはくれぐれも気を付けて期日内の返済を守るようにしましょう。
生活費が足りないという時にキャッシングを利用する際は、必要な分だけをキャッシングするようにして、返済額が苦しいような額にしないようにしなければ、時として返済に追われることも出てくるでしょう。

 

ほんの少し、生活費くらいと思っていても、その積み重ねが命取りになるので、計画性もなくキャッシングを始めるのではなく注意しなければなりません。どうしてもキャッシングしたいという時にはまず、返済計画を考えてから行動に移しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ戻る