プロミスweb申込方法・審査・口コミ評判

無担保ですぐに借りられるキャッシングは便利なサービスですが、業者数が多いのでどこで申し込めばよいのか迷う人も少なくありません。
一般的には、大手の消費者金融ならば利用者の評価件数が多く、信頼性も高いので人気が高いです。こちらでは、プロミスの概要やサービス内容、申し込み方法、審査の内容などについて見ていきます。

プロミスとは

プロミスとは、1962年から営業を継続している老舗の大手消費者金融です。三井住友フィナンシャルグループの傘下なので資金力も豊富で、サービス内容についても利用者から高い評価を得ています。
19~69歳の安定した収入があれば申し込み可能で、実質年利は4.5~17.8%、融資可能額は個別の審査によって設定されるものの、上限が500万円とキャッシングの中でも充実した内容です。また、女性専用のレディースコールがあるので、女性が借り入れをするときも相談しやすいでしょう。

パソコンやスマートフォンから簡単に手続きができますし、プロミスや銀行、コンビニのATMで借り入れや返済ができるため、出張などで遠方に出向いているときでも利用できます。プロミスと三井住友銀行のATMは手数料がかかりませんし、コンビニのATMならば夜間や祝日でも手続きができて便利です。利息は日割り計算になりますので、手持ちの現金が足りずに借り入れをした場合でも、当日に返済すれば利息が発生しません。

急いで借り入れをしたい人は融資スピードが気になるところですが、web申込ならば最短15秒で審査の回答が届き、最短25分で融資が受けられます。午前中など早い時間帯に申し込みをすれば、即日融資になる可能性が高くなるでしょう。
契約完了後はプロミスインターネット会員サービスから借り入れの申し込みをすれば、振込手数料0円で原則24時間、365日いつでも指定口座に振り込みを受けられるようになります。

申し込みの方法と審査内容
プロミスの利用申し込みは、電話や店舗窓口、自動契約機、郵便、webなど様々な方法で手続き可能です。最もスピーディなweb申込方法では、プロミスの公式サイトから申し込みページにアクセスし、フォームに名前や住所などの情報を入力した後に、必要書類をアップロードするだけで終了します。その後、審査が行われて、結果が電話、もしくはメールで届きます。

審査に必要な書類や内容はどのようなものでしょうか。
申し込み時に必要な書類は、運転免許証ならば1点のみ、なければ現住所が記載されたパスポートか健康保険証と、住民票か公共料金や税金の領収書の2点です。
50万円以上の借り入れを希望する場合、借入希望額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合、19歳以下で申し込みをする場合には、上記に加えて最新の源泉徴収票か確定申告書、直近2カ月の給与明細書と直近1年の賞与明細書のいずれかが必要です。
審査内容は原則、在籍確認の電話はせずに、提出された書類の確認と信用情報の調査が中心となっています。

審査に通過した場合はそのまま契約、借り入れという流れになりますが、初回利用無利息のサービスがありますので、有効活用しましょう。
このサービスは、初めてプロミスと契約した人がメールアドレスを登録し、書面の受け取り方法をweb明細にした場合に対象となります。借入額に関わらず、初回の利用から30日間は無利息で利用することができ、この期間の追加借り入れについても初回借入日から30日間は無利息扱いです。

信頼性、利用しやすさのいずれもおすすめ
このように、プロミスは消費者金融の中でも営業年数や資金規模、サービス内容に安心感があり、初めての人でも利用しやすいです。申し込み手続きの方法も簡単で、融資までのスピードが速いため、急いで現金が必要な人にもおすすめです。
借り入れができるか不安な場合には、簡単な項目の入力で簡易的な診断ができる借入れシミュレーションもあります。

http://i-cashing.com/osusume/promise-reputation/

更新日:

Copyright© キャッシング申込み窓ロ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.